HOME>特集>患者として来院するなら気を付けたいこともある

情報収集と情報伝達が必要

渋谷には整骨院の数も多く、比較的治療費も良心的です。安いから効果がないワケではなく、柔道整復師として駆け出しで研修中であったり、育成(養成)による理由が大きいようです。もちろん、スタッフの知識はどの整骨院でも一定していますが、技術は実績によります。術者の資格や経歴、実績などをホームページなどから事前にチェックしておけば、安心でしょう。渋谷の整骨院は、肩凝りや腰痛、さらに交通トラブルでの後遺症の治療にも携わります。後遺症(人損)の問題ではトラブルに起因する損害として、治療費が請求できます。ただの腰痛、首の痛みとして治療してもらわないように、どういった経緯で痛みが現れているのかを治療前に話すことは必須です。そうすれば、法的問題や請求方法などの相談役に徹してくれます。

通うことも考えよう

ぎっくり腰(急性腰痛)などの治療も得意とする渋谷の整骨院でも、慢性化している腰痛も診てくれます。年齢、性別問わず、激しい痛みとなる急性の症状は、まずその痛みを和らげることを優先しています。決して荒治療ではありません。1回の施術で治ることのほうがマレで、通常は、数回の通院が必要ですから、渋谷でも通えるところ(範囲)を選びましょう。

組み合わせはそれぞれ

整骨院では、鍼や灸も使いますし、医療機器も導入しています。ただし、根本的な痛み、歪み、違和感を治すための治療だけでなく、組み合わせることで早い回復や改善、完治に繋がるオプションとしていることもあります。自由診療ですから、渋谷の整骨院ごとに提供するメニュー(サービス)の内容などは異なりますから気を付けましょう。

広告募集中